About

研究概要

当研究室では、計算社会科学のアプローチで複雑系としての言語、コミュニケーション、ウェブ、社会を研究しています。特に、情報生態系(例えば、エコーチェンバーやフェイクニュース)、デジタル社会における言語、道徳、文化(例えば、言語進化、モラル・ディバイド)の研究に力を入れて取り組んでいます。これらの研究を通じて、新時代のコミュニケーション理論の構築とその応用を目指しています。具体的なプロジェクトはこちらをご覧ください。

キーワード

計算社会科学、複雑系、データサイエンス、ソーシャルメディア、ビッグデータ、人工生命、シミュレーション、ネットワーク科学、コミュニケーション、言語進化、道徳、カルチャーノミクス

研究室の活動

  • 当研究室では計算社会科学に関する様々なプロジェクトを立ち上げ、みんなで協力し合い研究しています。
  • セミナー、ジャーナルクラブ、勉強会、日々の議論はアクティブで、国内外の学会発表や論文発表も積極的に行なっています。

研究や進学の相談

  • 本気で研究したい方は歓迎します。卒業研究(情報学部)、大学院進学、博士研究員を希望する方はご連絡ください。研究室見学やオンラインでの面談を受け付けています。
  • キャパシティーの都合で、研究生は国費留学生のみ受け入れる可能性があります。